スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
Saremmの楽曲について。
 色々と書きたいことがあって、どれから書こうか迷ってるんですが、とりあえず前回拍手を下さった方への感謝からw
拍手ありがとうございました!

簡潔にも程がある感謝で非常に申し訳が無いのですが(w)、今更感溢れる昨今、改めてSaremmに収録されている曲毎のうんちくなんぞをたれてみようと思います。
・・・と思ったけど、長くなったので記事の続きの方に回しますw

以前友人さんから「お前の歌詞の感想書いてくれてる人がいるよ」と教えて貰ってのでフラッと見に行ってみたのですが
そこで書かれてる事にビックリしました。
何がビックリしたって、いきなり「Pusse Cafeの歌詞が大嫌い」とw
う、うぇ!何か僕至らない所でもありましたか!と思って読み進めてみると、どうやら歌詞の出来如何どうこうではなくて、歌詞の中に出てくる方々のキャラクターが嫌いという事で。
いやぁもう本当にありがたいなぁと。
個人的には「好きだ」と言ってくれる方と同じように「嫌い」と仰ってくれる方も大事だと思ってます。そう思うほど真剣に耳を傾けてくださったって事ですからね。
何より先の方は、プースの歌詞内で繰り広げられる世界感を嫌悪しながらも何度も聞いて下さる=そこまで噛み砕いた上で歌詞内の彼らを嫌っているのにもかかわらず、まだ楽曲自体に興味を持って下さってるっていうのが、もう本当に作詞担当としては頭を床に擦りつける勢いで感謝したい次第ですw
それと対比させるようにINGの歌詞についても触れて下さってるのですが、こっちは素直にその歌詞の中の、彼らの喜びに共感して下さっているようで。
確かに世界観としては真逆にあるような気がしますが、改めて論じて頂いたのを読ませて貰うと素直に面白いなぁと思いました。
そんなの気にして歌詞書いたことなかっただけにw

他人は自分を映す鏡であるとは昔の偉いさんの言葉ですが、まさしくその通り。
自分を見直す良い機会にもなりますし、そういう発見が新しい力にも、何よりもご感想自体が自分の励みになります。
本当にありがとうございました。

あ、ちなみに自分の人生経験なんて、色んな人の武勇伝を聞く度に腰を抜かす程度のモノだと言うこともお伝えしておきますw
まぁそういう人の話も血となり肉となり・・フヒヒ。

っていうわけでこれからも皆さんT-ismさんをよろしくね☆

こんなノリはお嫌いですか、そうですか。え、それ褒め言葉ですか?違いますか、そうですか。

続きには先ほどお伝えしたとおりSaremmの楽曲についてのあれこれー!


<what about "Saremm" for me?>

結局Saremmの新規作詞担当曲は3曲だったわけですが、Cherry Lipsを除いて、以前と比べると英語のフレーズを多用してます。
この記事内で書いている様に、何故Saremmがチャレンジになったかというと一つは歌担当がミクじゃなくなったこと。それから来る第二の理由が、この英語のフレーズの利用です。
メロの作曲と作詞を分担している以上、「はん しん(阪神)」の発音のように、一つの音符で二音分の発音(二音目はサイレントに近い発音)が出来ないミクさんに英語を歌わせるのは、正直めんどくさい作業だったりします。
なので、「ふぁーらーうぇー」のような伸ばす英語ばかりになるわけですがw
今回はディレクション次第で歌い手さんにどうにでも歌って貰う事が出来るので、そういう心配が無くなるわけです。ということは英語のフレーズも使える訳です。
更に渡英を控えていた事もあり、今の自分が出せるものを全部出しておこうと思ったのも理由の一つ。で、英語のフレーズが増えてる訳ですw
なんだかんだ言って、フレーズが増えただけなんですけどね。ふひ。

能書きが長ったらしくなりましたが、曲毎にちょこちょこ書いてみませうかね。

02,11-Redacid:このアルバムのための書き下ろし曲。
この曲を聴いた瞬間、「あぁ、なんかライブの一発目とかにやったら気持ち良さそうな曲だな」って思ったので
準備運動になるような、そこまでこうガッ!と上げる程挑発的じゃない歌詞で。
でも11曲目のリミックスでもノれる分、もしクラブとかライブとかでこの順番通りに流れても狙い通りの雰囲気にはなるかな、とほくそ笑んでみたりw
その雰囲気を作ってくださったericaさんには感謝、感謝。

03-One Voice:Love it!からご登場。
この曲をチョイスした理由は未だに謎です。
歌詞の書き直しもなにもないので、特に言う事はないのですがw
当時この歌詞を書いた際、身内の方々から「救いがない」「なんという暗さww」なんていう有り難いお言葉をいただき(w)、「それだけじゃねぇよ馬鹿野郎うわぁん!」なんて思っていたのですが
今回祭屋さんに歌ってもらったおかげで、「それだけじゃねぇ」っていう力強い部分が出てくれたと思います。
いや、本当にありがとう祭屋さんw

04ーeasy to message:なんともはや懐かしい・・。この歌詞書いたの何年前だ・・。っていう。
昔のS.C.Xをご存じの方にはきっとお分かり頂けると思います。当時は新譜でも20枚手持ちとかで持って行ってたなぁ・・彼・・。
そんな昔の歌詞なので、当然ボロがいっぱいあります。特に英語の部分。今となっては目も当てられないですw
まぁなんかこういうのも良いかなと。曲自体は非常に好きなので。角砂糖を5つくらい入れたコーヒーの様に甘々な歌詞ですが。
ただまぁなんというか、うん、うん。

05-Pusse Cafe:プッセは今更言う事ないよね。ただ、「タイトル間違った」って宣言したにもかかわらず、リミックスでも直さないCTさんの度胸にはたまげたw

07-Cherry Lips:これも曲自体は10年近く前からあったものです。ただ、当時の企画が頓挫したこともあって日の目を見なかった作品。
Saremmの制作にあたって曲の再構成、メロの大幅な変更などもあり、歌詞もイチから書き直しました。
「和」を強く意識して、難しい言葉も色々使ってますが、久しぶりに情景を描いた曲になったかな、と。
最近愛だ恋だばかりを書いていたので、楓の時のような感じからはだいぶ遠ざかっている気もしますがw
何にしても、難解な詞を優しさで包み込んでくれたMilliaさん、流石です。

08-Juvenile:このアルバムのための書き下ろし曲。
近所のスタバでコーヒー飲んでる時に降りてきた。
なんか色んな物語をごっちゃまぜにして、その話がずっと続いてたりすると楽しそうだなぁっていう妄想想像から。
色々な方の、色々なお話からイメージを切り取っては歌詞に貼り付けてる訳ですが、非常に書いてて楽しかったですw

この曲を書いてる時が渡英準備で一番忙しい時期だったんですが
何か知らんそういう時に限ってこう現実逃避が進む・妄想が楽しいいっぺんに書き切っちゃったり出来るんですよね。
初めは「こんな色んな所、しかも有名所ばっかりから名前をお借りしてもいいんだろうか・・」と迷ったものの
途中から楽しくなってどうでも良くなったっていう(
CTさんの家に行って「ここのメロはこう変えてくれ」って注文を付けさせて貰ったり、「ここはこう歌って貰いたいんだけど、どう思う?」と提案してみたり
この曲に限って言えば歌い回しが非常に難しかったので、もんちーさんに歌詞をお渡しする際参考になるように、と指示書のようなものを添付させて頂いたんですが
それに完璧に応えて頂いた所か予想を遙かに上回る物が来たのでいやもうあんな指示書を添付したのが恥ずかしくて恥ずかしくてもう死にたい('A`)
っていう、ディレクションの大事さが分かった曲でもありました。

10-Acceleration:「え、なんでこの曲でお前?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがw
Saremm仕様として、新たにメロが付け加えられたのでそこに作詞として参加させて貰っております。
サビの部分を聞く限り、空を抱くようにして駆け抜けて行くお方のイメージしかしなかったので
「走る前に準備運動くらいしとけよ」って事で付け足してみました。
難しいね、合作詞っていうんもw

事前打ち合わせの際、「アクセラかっこいいよね!」「ですよね!」「やりましょうやりましょう!」と大盛り上がりになっていたこの曲なのですが
事前に「メロ付け加えるから歌詞考えといてね」とCTさんから釘を刺されて居たので
「おいおい、こんな期待値高い曲に歌詞付けなきゃいけねぇのかよ・・・」と一人('A`)アーしてたのは良い思い出w
この曲も1フレーズ分メロいらなくね?と思ったりしたところを削って貰ったり意見を言わせてもらったり。
だって怖かったんだもん(´・ω・`)

述べ七曲、計4名の歌い手さんにお世話になったわけですがどの方にも歌詞を大事に歌って頂いて感謝しきりです。本当にありがとうございました。もうだいぶ今更な感じですがw

特設サイトの趣向が「余計な情報を減らして」ということだったので、こういう物を書くのを躊躇ってたのですが、時間も経ったしもういいよね・・よね・・?w
何か問題があればスグにいってね!>関係者各位

つー訳で、冬コミの新譜(だったもの)に関する楽屋裏情報でしたw
| T-ism | 05:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 05:33 | - | - |
Comment
特設は確かにそう言ったけど、制作後記は好きに書いて良いのだぞw
俺も書いてるし…。
Posted by: ゆずる |at: 2010/03/14 4:55 AM
>ゆずるさん
うん、色々書いてたからいいかなぁとも思ったんだけどね。
ほらなんていうの、色々自重しといて損はしないっていうかw
わざわざありがとう!これで心置きなく寝れますw
Posted by: T-ism |at: 2010/03/15 8:55 AM








Trackback

Blog内記事Search

Mylist

・作詞を担当したもの達


・歌って頂いたもの達

mailto

nakanaka09□hotmail.com

作詞のご依頼、詞に対する感想などなど
皆様からの暖かいメッセージを
お待ちしております。
□を@に変えて送信してください♪

Web拍手はじめました。

T-ismさんとコソーリ耳打ち感覚でお話したい方はこちらからw
返信はBlog内でさせて頂きたいと思います。

Music blogparts

Recently Entries

Category

Recently Comments

Links

SPECIAL BANNER

作詞のお仕事ちゅう S.C.X Homepage

ガンバレカープ
mixiコミュニティ「広島東洋カープ」

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links